トップ / 年の差婚にこそおすすめの和婚

人気の挙式は神前式

年の差婚にこそおすすめの和婚

年の差婚なら和婚がおすすめ

神前式での和婚の人気は高まり続けています。
年の差のあるカップルや、熟年で結婚をするというカップルからも人気があります。

和装は、着物の種類が豊富なので、男性も女性も、何歳になっても、その年齢特有の美しさや魅力を引き立たせる事ができる衣装だと言えます。また、参列者も和装を着る事のできる少ない機会なので喜ばれる方も多いです。

結婚式で装う代表的な着物の種類をご紹介します。まず、和装婚といえば、白無垢を想像するのではないでしょうか?

白無垢は、日本では、武家社会の時代から、もっとも格式の高い花嫁衣装とされています。白無垢には、花嫁の純真で汚れのない様を表していて、嫁ぎ先の家に染まるという意味も表しています。白無垢を着る際は、打掛から掛け下、下着や小物まで全てを白で統一します。また、綿帽子を合わせられるのは白無垢のみとされています。

結婚式のお色直しでよく着られている和装といえば、色打掛が思い浮かびますよね。鮮やかな色合いの美しい着物姿に憧れる女性も多いのではないでしょうか。打ち掛けは、白無垢と同格の女性の正礼装とされています。その為、挙式の際に角隠しをつけて着用する事もできます。今日の和装婚では、挙式には白無垢を着用し、披露宴で色打掛を着用するという組み合わせが多くなっています。白無垢には、昔ながらの日本の良さを最大限に活かし、色打掛では、髪型や小物でモダンさをプラスして自分の好みを取り入れた装いをする花嫁も多いようです。

和装婚での花嫁の衣装として、白無垢や打ち掛け以外にも振袖を着る事もできます。振袖は、未婚の女性の礼装になります。結婚式を終えた後には着る機会がなくなってしまうので、最後に振袖を着たいという花嫁も増えています。中でも、振袖の裾を引いた引き振袖が人気です。角隠しをつけて挙式の衣装として着ることもできます。

Copyright © 神前式が人気の理由とは All rights reserved