トップ / 両親や高齢の親族に喜んでもらう和婚

人気の挙式は神前式

両親や高齢の親族に喜んでもらう和婚

両親や親族に喜んでもらうなら和婚

神前式での和装婚の魅力は、和装の美しさはもちろんですが、その格式の高い凛とした挙式の雰囲気にもあります。神前式は、結婚によって家と家を結びつけるという考え方に基づき、神職と巫女が両家の縁を結ぶという意味があります。そういった日本の伝統を重んじる神前式の和婚は、両親や高齢の親族にとっては懐かしさもあり、家族としてもとても喜ばれるものでしょう。

神前式で行われる儀式にはそれぞれに意味があります。

神職と巫女に導かれ、新郎新婦、両親や親族、参列者で列をなして神殿へと進む参進の儀では、親族一同で列をなす事で、家族の絆や繋がりを改めて感じる事ができます。

そして神殿へと進み、挙式が執り行われます。神職が祓詞を述べて、新郎新婦を清める修祓の儀が行われ、神職が神へ二人の結婚を報告し、2人の末永い幸せを願い祈る祝詞奏上が行われます。その後、三三九度が行われます。巫女から盃に御神酒が注がれ、新郎新婦が小盃、中盃、大盃の順に飲み干します。それぞれに、先祖に感謝する、二人で力を合わせて生きていく、一家の安泰と子孫繁栄の願いをこめるという意味があるとも言われています。

その後、指輪の交換を行い、新郎新婦の二人で夫婦になる事を誓い、永遠の愛を神様に誓います。

そして、新郎新婦が祈願を込めて神様に玉串を捧げます。新郎新婦の後に続いて媒酌人、両家代表者も玉串を捧げます。その後、親族固めの盃が行われます。これは、両家が親族となる絆を固める為の儀式とされています。巫女が親族全員にお神酒を注ぎ、それを全員で起立して一斉に3回で飲み干すというものです。その後、神職の挨拶があり、退場となります。

結婚という人生のひとつの節目を、家族の絆を深めるという意味を込めて、日本の伝統的な由緒正しい神前式で執り行う事は、家族にとってもとても感慨深いものがあり、感動しますね。

Copyright © 神前式が人気の理由とは All rights reserved