トップ

人気の挙式は神前式

神前式が人気の理由とは

神前式の人気が高まっている

結婚が決まったら、次に結婚式の事を考えますよね。どんな挙式をしたいのか?ゲストは何名くらい招待するのか?色々と考えないといけない事もたくさんあります。そして、挙式と言っても様々なタイプがあり、迷ってしまうのではないでしょうか。

結婚式の挙式タイプは大きく分けて「教会式」「神前式」「人前式」の3つがあります。

教会式とは、キリスト教の教会で、主に信者を対象に行なわれる挙式の事を言います。キリスト教の信者ではないけれど、教会式を行いたいという場合には、挙式の前に教会に何度か通い、礼拝や勉強会に参加する事を条件に許可される場合があります。教会は、本来はキリスト教の信者が礼拝を行う祈りの場ですので、挙式も教義に忠実に行われ、ドレスは肌の露出を控えたりと厳格さも求められます。

対照的な挙式タイプが、人前式になります。
人前式は、立会人の証人のもとで二人の婚姻を認めてもらうというスタイルの挙式です。宗教にこだわらずに、自由な演出が可能な為、オリジナルの挙式をしたいという方におすすめです。会場によっては、おおまかな流れが決まっていたり、完全に自由にオリジナルのものができたりと、違いはありますので、こだわりたい演出がをある場合は会場と相談すると良いでしょう。

神前式とは、神殿で執り行われる日本の伝統的な挙式の事を言います。最近では、京都の上賀茂神社で片岡愛之助さんと女優の藤原紀香さんが神前式での挙式を行われ、伝統を感じる神社の風景と、美しい着物姿が印象的だった挙式のスタイルです。京都の和婚は魅力的で憧れる女性も多いでしょう。

神前式は、神社だけでなく、ホテルや式場で行う事もできます。キリスト教の教会式ほど宗教的な縛りは厳しくなく、希望するカップルは挙式を行うことができます。 神社で行う場合は、収容人数が少ないということもあり、親族だけなどの少人数で行われる事が多いのも特徴です。

日本人ならではの、白無垢や打掛など和の婚礼衣装は、日本古来の伝統の美しさを表現できる衣装として、今日の花嫁から注目を集めています。

Copyright © 神前式が人気の理由とは All rights reserved